トリガーポイント一覧

五十肩について 青葉区大町1丁目 Lifeはり・きゅう院

2013年06月26日

四捨五入すれば初老の域に入る年代になり、周りの友人から聞こえてくるのが「腕を上げると肩が痛いんだけど、これって。。。」

 

花形

 

生きとし生けるもの、避けては通れないのが老化現象。

           

 

五十肩です!

 

これは肩周りの筋肉、腱、軟部組織が変性し、炎症をおこすことで肩の筋肉を硬くし動きを著しく制限してしまう状態で、症状は段階により変化します。最初は冷えたり、夜になると肩関節を動かしていなくても痛んだりしますが、後期になると徐々に痛みは落ち着き動きの制限だけが残る場合も。。。自然治癒は1年から2年程度かかることがあります。

 

しかし、「五十肩」の原因がはっきりと解明されているわけではなく、肩の筋肉の過緊張、ホルモン分泌の変化、肩関節亜脱臼、首の神経圧迫、内臓の機能低下などなど原因がはっきりしないので、治療法も統一されていないのが現実ではないでしょうか。治療にあたる先生の「五十肩」にたいする考え方でだいぶ治療方針は変わるはず、担当の先生の腕の見せ所といえるでしょうね。

 

当院の「五十肩」の治療方針としては、内臓の機能低下を鑑みつつ、首や肩の主動作筋に形成されているであろうトリガーポイント(筋肉が疲労をおこし痙攣しているポイント)を探し、徹底的にトリガーポイント化したところの筋肉をゆるめることを第一の選択とします。そして状態や時期にもよりますが、可動域を拡げる施術と肝、胆、脾、胃などの肩と関係のある経絡を使い内臓の機能の回復も図るようにしていきます。

 

さきに述べたように自然治癒で2年もかかる場合もあるので、早期に治療をはじめていたほうが治癒する時期もはやまります。思い当たる方はお気軽にご相談ください。

 

youtu.be/2n5VV0emxEs

ここから個人的な話し。物心がついてはじめて鍼灸というものを知ったのは巨人・江川卓の肩の治療でした。当時のコロコロコミックに掲載していた「かっとばせキヨハラくん」に中国鍼を刺して登場するシーンがあって、なぜか印象深く憶えております。

この漫画おもしろかったなぁ。

ライオンズの辻、石毛、なぜか金森が好きだったなぁ。

 

© Copyright LIFE はり・きゅう院. All rights reserved.

TOP