トリガーポイント一覧

肩こりによる頭痛について 青葉区大町1丁目 Lifeはり・きゅう院

2013年11月07日

頭が痛い。。

鉄雄 画像2

 

鉄雄 画像

youtu.be/G-wv4pFodIQ

PC入力作業、長時間の書き物、うつむき加減で同一姿勢作業がつづくと肩がこり、おまけに頭痛がしてくるという方を多く見受けられます。

この、肩こり頭痛は頭部、頸部、肩関節、肩甲骨の支持運動に関係する筋肉の緊張が高まり、疲労を起こすことで発症すると考えられています。このような頭痛は「緊張型頭痛」と呼ばれ、頭部、首から肩の頚肩部にトリガーポイント(筋肉中にできた硬結・圧痛のあるポイントで発症部位から離れている場合もあり、その硬結・圧痛部を押圧すると症状の再現性をみることもある 症状の引き金となるポイント)が形成されている場合が多いです。

このような「緊張型頭痛」の治療方針として、原因となっているトリガーポイントのある筋肉を探し出し、鍼灸治療により緊張・収縮を筋紡錘を介して活性化したトリガーポイントを鎮静化します。また頭部の神経(大後頭神経、三叉神経)の過敏な状態を落ち着かせるために特定のツボへ刺鍼することで神経系に影響を与え、体内でエンケファリンエンドルフィンのように鎮静作用のある化学物質の生産が促進し、セロトニンなど脳内ホルモンを生成することで生体の調子を整えるよう治療いたします。

筋疲労が主な場合、不良姿勢が原因の場合も考えられ頭部~背部~腰部~下肢の広い範囲での筋肉、筋膜の動きの制限を開放する必要があるので適切な手技でのマッサージにより正しい姿勢をつくる必要があると考えます。

 

うつむき加減の作業の多い方は日頃の予防として、作業中15分置きに30秒間天井を見るようにストレッチすると肩こり症状が軽減すると言われています。

天を見る画像

皆さま、お試しください!!!

 

 

 

 

 

ランニングについて2 青葉区大町1丁目 Lifeはり・きゅう院

2013年07月13日

前回のランニングについてでは『足底筋膜炎』をとりあげましたが、その他にランニングやマラソンでオーバーユース(使い過ぎ)による障害で起こしやすいのが『アキレス腱炎』です。 『アキレス腱炎』はふくらはぎの終わりから、かかとにかけてのアキレス腱上で腱の繊維が繰り返し引っ張られるこちによって細かな傷ができ炎症を起こし、その傷が治ることによってしこりができるので腱自体が変形し炎症を起こしやすくなった状態です。また、アキレス腱の周りが腫れたり痛んだりする場合は腱周囲組織の慢性的炎症で「アキレス腱周囲炎」となります。 藤原アキレス腱固め画像2 「関節技の鬼」こと藤原組長の「アキレス腱固め」!(←特に関係なし)

『アキレス腱炎』を起こす要素としてランニングフォームの崩れやオーバーユースがありますが、その他にかかとの傾きに問題がある場合があります。 かかとの傾きは立位時にふくらはぎの中心線とアキレス腱の中心線がほぼ一直線にあれば理想的ですが、下の写真のようにかかとが内側へ傾いた状態(回内足)ではランニング着地時の衝撃を吸収する作用に乏しく、足全体にかかる負担が大きいので障害の原因になります。 回内足画像 この回内足の原因は構造的見かけ上の変位、偏平足、骨盤のズレ、股関節の回旋など様々考えられます。治療の際はいろいろな角度からの検査が必要になります。 『アキレス腱炎』になってしまったら安静にして炎症が引くのを待つことが大事です。(練習を休むのも治療の内です)そして、原因の要素の一つである足底やふくらはぎの筋緊張を取り除き、回内足の傾きを理想的なアライメントに近づける治療をするのが完治への近道になるのです!

 

ここからは個人的な話し 明日、7月14日は近所のバイク屋さんたちが主催する原付2時間耐久レース FUN DA DONUTS CUPに近所のおじさん達とスーパーカブで出場予定。 完走目指してがんばりまーす!!

膝痛について 青葉区大町1丁目 Lifeはり・きゅう院

2013年07月05日

大東登山鼻こすり画像

去年の9月。

宮城・二口山塊 大東岳にイワナ釣りを絡めての登山へ。

表コースをのんびり登り、山頂でカップラーメンとおむすびを食べ、知らない登山客の方たちとおしゃべり。

そして野営予定地の樋の沢避難小屋までゆっくり下り、そこで夕飯、寝床の準備を済ませ、日没まで釣りキチ三平で、主っつう主をバチが当たってもかまわず釣りまくる予定でした。

釣りキチ三平画像

 

でも、やはり予定は未定。

時間が押しに押してのケツカッチン 。「釣り時間がない!急がねば!」ってことに。

釣りをするのは私だけだったので同行していた友人二人に「先、いくね。下ってると避難小屋見えるから。」(友人二人は初大東岳、ごめんなさい。)とだけ言い残し、韋駄天、メロス、ケムール人(円谷プロ)の如く転石のように駆け降りていたら、やはり日頃の運動不足。膝が笑い出し、身体をうまいこと支えられない。その状態で長い下りを続けるとやはりでてくるのが『膝痛』。。でも釣りしたい。。太ももをなだめつつ下る羽目になりました。。。

 

その日、竿は出せたのですが、アイドルのW-indsの方が沢登りをするというものをNHKが撮影していて、かなりの人数の方が沢を遡行していたので釣りにならず。残念。。

膝痛くしただけでした。。。NHK沢登り画像

 

今回のような「膝痛」は 、太ももの前側の大腿四頭筋の疲労が原因でした。

「膝痛」は膝関節の障害のように思われる方もおおいかと思いますが、このように筋疲労による筋の異常収縮によって膝に痛みを出す場合が多々あります。トリガーポイント(筋が痙攣し、発痛物質を発生させている状態)が形成される前のケアが必要です。トリガーポイントの段階によっては治療が困難になるからです。

登山、トレッキングで膝が痛くなる方のなかにはすでに大腿部にトリガーポイントができているのかもしれません。

レントゲンやMRIは異常なし、でも膝が痛い。

このようなかたは、尚更 トリガーポイントを疑ってもいいでしょう。

正しいランニングフォームは怪我の予防になるとランニングについてでも書きましたが、もちろん登山でも負担の少ない歩き方があり、それを正しくできるようにするには骨盤の位置がとても重要になってきます。舗装路と登山道ではコンディションはだいぶ違いますが、足を運ぶ基本は同じです。

登山後のケア。登山前の骨盤調整。大事です。

便秘について 青葉区大町1丁目 Lifeはり・きゅう院

2013年07月03日

皆さま、お通じは規則正しいですか?

アラレちゃん

本来便通は毎日あるのが健康な状態です。

しかし、便が硬い、排便が困難、便量が少ない、そして3日以上排便がない等の状態を「便秘」と呼びます。(個人差はありますが)

その中でもいくつか便秘の種類に分けられますが、「弛緩性便秘」と呼ばれるものが多くみられます。

今回はこの「弛緩性便秘」について。

「弛緩性」、文字通り腸管に力が入っていない状態で便を排泄する腸の運動が弱く、大腸内に長い時間とどまるので便の水分が吸収され硬くなり排便が困難になりやすいタイプです。

原因として腹筋力の低下、食生活、水分不足、運動不足とされます。

人間の生理現象としてごく自然に便通があるのが一番ですが、薬に頼らざる負えない方もいらっしゃいます。便秘薬には腹痛や嘔吐などの副作用、便秘薬に頼ることで腸が本来の働きが出来なくなることもあります。

薬に頼らなくても過ごせるようにするには生活習慣の改善と鍼灸がとても効果的です。

お腹には内臓神経や腸に働きかけるツボで天枢(てんすう)、中脘(ちゅうかん)等があります。また、お腹からはなれますが、スネの近くにある足三里(あしさんり)は胃と腸を結ぶ十二指腸を刺激することができ、これらのツボで腸を活性化することで排便が促されると考えられます。

そして、大腸の流れに沿った時計回りでの腹部マッサージは非常に効果的です。ただし、無暗に強く圧迫をかけることはよくありませんので、ご自身でやる場合は苦しさや痛みを感じない程度にやさしくマッサージしましょう!くわしくはお問合せ下さい!!

便器マン

 

ここからは個人的な話し。便秘もすっきりさせたいですけど、この梅雨時期の陰鬱な感じもすっきりさせたいですよね!

ですのでこの曲。youtu.be/lxbPZP1lHDQ

”電撃バップ!”

コーラは赤い方が好きです。

 

ランニングについて 青葉区大町1丁目 Lifeはり・きゅう院

2013年06月28日

先日、参考資料を買いに本屋へ行ったついでに、今シーズンご無沙汰な渓流つりの雑誌でも見ようとスポーツ関係のコーナーへ。

 

目的の雑誌を見つけるよりも先に目に飛び込んできたのがランニング雑誌!

 

ランニング雑誌って、こんなにあるんですか!?しかも平積み。 専門的なランニングの書籍は知っていましたが、雑誌まで定期的に発行されていたんですね。確かにランニングをなさっている方を見ない日はないです、それだけランナー人口が増えているってことなんでしょうね。ランニングやマラソン大会に出場して負傷なさった方の治療やケアに携わることはあるものの、ランニング事情までは知りませんでした。

しかも雑誌の作りがTarzanっぽく御洒落な感じです。そういえば、街中をランニングなさっている方たちも御洒落な方が多いですよね。

 

私のランナーのイメージは、いまだにSBの瀬古選手と旭化成の宗兄弟のマラソンBIG3!

瀬古画像

宗兄弟少し新しくて、「こけちゃいました。」の谷口選手

谷口画像

少し古いですね。でも、それだけ印象の強い選手でした。

 

ランニングによって負傷なさる方は、ランニングのペースが徐々に上がり、走ることが楽しくなってきた方が多いように思います。そしてレースの出場予定が決まるとなおオーバートレーニングによって負傷してしまい。。。。「走る」ことが楽しくなったときにストップがかかることほどフラストレーションが溜まることはないですよね。

しかし、転倒や捻挫などではない、オーバーユース(使い過ぎ)が原因の負傷はケアすることで予防できます。負担の蓄積がほとんどだからです。

 

ランニングでの負傷例として「足底筋膜炎」があります。運動量が急に増えたり、靴や地面の状況の変化で負担が蓄積し、足の裏に炎症をおこすことです。旅行などで普段履き慣れない靴などで長歩きすると足の裏が痛くなることありませんか?あれと同じことです。

 

足底への負担軽減としては、まず土踏まずの状態と踵が内・外どちらへ傾いているかなどを調べ、それによって治療方針を立て、着地時のクッション性を確保するためにふくらはぎ等の下腿部の筋緊張もとるようにします。

そして、重要なのが骨盤の歪みチェック!!

足を痛めずに走る基本フォームとして、着地時の爪先が進行方向へ真っ直ぐむき、蹴り足も後方へ真っ直ぐむくことが理想です。これが崩れると各部への負担が増し負傷原因になります。骨盤に歪みがあると理想的なランニングフォームをとることができません。

 

「タイヤ館」のCMがまさに言い得て妙。

youtu.be/RtO-q5fRQLo

「歪み直してタイヤ長持ち」→「歪み治して足長持ち」です。

 

 

 

© Copyright LIFE はり・きゅう院. All rights reserved.

TOP