仙台市.青葉区大町.鍼灸.肩こり.腰痛.はり.おきゅう一覧

へその塩灸について  青葉区大町1丁目 Lifeはり・きゅう院

2015年04月06日

  • 長いことブログをお休みしておりました。新年度に伴ってブログを再開したいと思います。今回は「へそ塩灸」について!「へそ塩灸」って何?!って方が多いと思いますのでまずは画像から。
  • NCM_0654

NCM_0656

このように、おへそにガーゼや手ぬぐいを乗せて盛り塩をし、その上でお灸に火を着け温かさを感じるまでお灸を続けます。「じわぁー」っとお腹全体が温まりとても気持ちが良いのです。おへそは「神闕」(しんけつ)というツボで臓腑機能を調整するところと東洋医学では考えられています。臓腑の調子が良くなると気血の流れが良くなり、身体に元気をもたらしてくれたり、腹冷えによる腹痛・下痢、腸の蠕動運動低下の便秘にもとても効果があります。また冷え性機能的原因による不妊症に悩まされている方には基礎体温の低い方が多く見受けられます。「神闕」を温めることで冷え性の改善や骨盤内臓も温まり卵胞の成育や着床の機会を上げる効果が期待できます。

そして冷えとは関係なさそうですが、基礎体温の低下によってホルモンや自律神経が乱れますと心のバランスをも崩れてしまいます。うつ病など精神疾患の要因のひとつになりうるので内科的だけではなく心療内科的にも「神闕」を温め自律神経の働きを促し、精神安定を計ることで治療効果が期待できます。

 

「雷鳴ったらへそ隠せ」

小さい頃に「雷が鳴ったらおへそを隠さないと雷様におへそを取られてしまう」とよく言われました。雷様こんなお三方に。。

 

この迷信ができた理由は「神闕」を温めることからきていると思います。雷が落ちるときは低気圧にともなって急激に気温も下がります。そのため、「神闕」を覆うことで冷えをカバーし体調を崩さないようにとする養生の術に、日本独自の民間信仰の雷神様に役割を当てたのではないでしょうか。(ヘソを隠すときは姿勢が前かがみになり、頭の位置が低くなります。雷はより高いところに落ちる性質がありますから、ヘソを隠せば、雷に打たれる確率が減るという説もあります)

 

月山登山3 青葉区大町1丁目 Lifeはり・きゅう院

2013年08月19日

月山登山月山登山2のつづき

 

翌朝、下の階から出発準備の物音で目を覚ましましたが、寝床を出た時には大半の方達は出発されていて我々一行はのんびりと夕べの残りで作ったカレーうどんとスパゲッティを朝食にし、各自身支度、掃き掃除、キジ撃ち(スラングです)して月山山頂目指して出発!

月山 お花

昨日、通った道を分岐までもどり、また中腰で灌木のトンネルを抜ける。

その細く低い登山道の途中、膝頭くらいの高さに鳥の巣を発見しました。が。。

親鳥も建設中は登山者もなく安心して作ったんだろうけど、登山者にとっては三点支持しようと手を伸ばしたあたりにその巣があるのです。どうか巣立ちの日まで親鳥とその卵が無事でありますように!(←なんて書いてますが、登山に興じてる時に私の奥様は切迫早産で入院中。こんなこと言う資格ありません。すみません。。)

NCM_0540

 

灌木がおわると、見晴らしのいい草原が広がり、ガスの切れ目から絶景が広がっておりました。

山羊はいませんがハイジの世界です。こんなとこで、ペーターが食べてたようなパンとチーズがあれば最高でしょうね。(宮崎駿先生絡みの食事はすべて美味そう)

NCM_0542Cafe-download-20940430010504

Cafe-download-20961020145126

NCM_0543

草原にでるとニッコウキスゲ、イワカガミ、コバイケイソウなどが満開(写真撮り忘れました)の中、草原と巨大な岩が点在し、低地では見れない風景がとても素晴らしく神々しさを感じます。気温も大雪城と呼ばれる雪渓があるので涼しく、1800M付近はとても登りやすいです。

7FC1

Cafe-download-20971220081206

 

頂上が近づくにつれて足場には石が多くなりガレ場になります。その道すがら拾ったのが、これ!

NCM_0545

「永楽通宝」という古銭です。室町時代から江戸初期あたりに流通していたようです。今回、登ってきた本道寺ルートは、今でこそ様々な参拝ルートができていますが、そのむかしは「出羽三山参拝の本道」として由緒正しい参拝ルートで、当時は行者の往来が頻繁だったようです。「もしかして、江戸時代に修験道を歩いていた行者さんがおとしたのでは?」なんてことを想像し、山頂の月山神社の賽銭箱まで持って行こうと、胸ポケットへ。

 

つづく

ランニングについて3 青葉区大町1丁目 Lifeはり・きゅう院

2013年07月22日

ランニングについてランニングについて2での「足底筋膜炎」「アキレス腱炎」に続いて、「鵞足炎」を取り上げたいとおもいます。

鵞足とは膝下の内側に、太ももの筋肉の縫工筋、薄筋、半腱様筋がガチョウの水かき(鵞足)のような形で骨にくっつく部分のことを指します。ガチョウの物語画像

ガチョウの物語『おいどんは、これでもガチョウですたい!!』

それぞれの筋肉の腱は膝の内側のでっぱりを 越えて膝下の内側にくっつくのでテンションがかかりやすく、ランニング時に足を後方へ蹴る動作などをくり返し行うと、鵞足部に摩擦による炎症を引き起こします。また、X脚(足を揃えて立った時に両膝はくっつくのに内くるぶしは離れている状態)や回内足などアライメントの崩れも「鵞足炎」の要因になります。

炎症の急性期には安静とアイシングを優先にし、鵞足部付着筋の縫工筋、薄筋、半腱様筋の筋緊張部にたいして鍼を刺入し、その鍼に電気を流す鍼通電も効果的です。急性期が過ぎたら、太もものマッサージも必要!「鵞足炎」を起こす場合、太ももの前と後ろの筋のバランスが崩れ後ろの筋肉のハムストリングが緊張している場合が多いからです。そして、根本治療として骨盤の歪み解消や足のアライメントの改善によって再発を防ぐようにすることが最善だとおもいます!

過敏性腸症候群(IBS)について 青葉区大町1丁目 Lifeはり・きゅう院

2013年07月17日

過敏性腸症候群(IBS)。

あまり聞きなれない病名ですが、この過敏性腸症候群の症状には思い当たる方は多いかもしれません。特徴的な症状として下痢と便秘を繰り返す。また精神的ストレス等でお腹を下す、便秘気味になる等の便通異常が現れます。そして、腹痛もあり、数年に及ぶ慢性的疾患となることがあります。

私も入試試験や国家試験を受けるたびにお腹ピーピーになっておりました。

ビチグソロック画像

まことちゃん

東洋医学の考えでは『心の状態 五志(怒・喜・思・悲・恐)』と『五臓五腑(肝・心・脾・肺・腎)(胆・小腸・胃・大腸・膀胱)』は密接な関係にあるとし、その精神状態によっては、対応した臓器の機能を損なうこととなります。試験でお腹ピーピーになることは『五志の思』が強すぎてこれに対応する消化器の機能が正常ではなくなっていると言えます。

 

高校の友人Y君は『五志の思』の思い過ぎが強くなり緊張すると、消化器に異常をきたしオナラが止まらなくなることがありました。特に体育の陸上記録会ではクラウチングスタートの「用意!」でブッ!3000mの長距離では「用意!ドン!」でブッ!ブッ!ブッ!ブッ!・・・・・とリズミカルに走っていました。出席番号がひとつ違いの私は隣に並ぶので毎年の記録会は爆笑してしまい記録どころではなかったと記憶しています。

便秘についてでも書きましたツボによる整腸作用も大事ですが、過敏性腸症候群(IBS)の場合、自律神経失調症の影響が非常に強いので自律神経の調整が必要になります。前腕にあるツボ「内関(ないかん)」「外関(がいかん)」、頭部のツボ「百会(ひゃくえ)」などを使い自律神経のバランスを整えることができます。また、自律神経失調症の方の多くは首~肩甲骨の内縁が非常に凝っていることがあります。自律神経は首~背中のあたりから各器官に走っているのでその部分のマッサージによる緊張緩和は非常に大事になります。もちろんストレスのうまい発散方法も必要ですよ!

長い間、便秘・下痢の繰り返しがあるのでしたら一度自律神経調整をメインに治療することをおすすめいたします。

ランニングについて2 青葉区大町1丁目 Lifeはり・きゅう院

2013年07月13日

前回のランニングについてでは『足底筋膜炎』をとりあげましたが、その他にランニングやマラソンでオーバーユース(使い過ぎ)による障害で起こしやすいのが『アキレス腱炎』です。 『アキレス腱炎』はふくらはぎの終わりから、かかとにかけてのアキレス腱上で腱の繊維が繰り返し引っ張られるこちによって細かな傷ができ炎症を起こし、その傷が治ることによってしこりができるので腱自体が変形し炎症を起こしやすくなった状態です。また、アキレス腱の周りが腫れたり痛んだりする場合は腱周囲組織の慢性的炎症で「アキレス腱周囲炎」となります。 藤原アキレス腱固め画像2 「関節技の鬼」こと藤原組長の「アキレス腱固め」!(←特に関係なし)

『アキレス腱炎』を起こす要素としてランニングフォームの崩れやオーバーユースがありますが、その他にかかとの傾きに問題がある場合があります。 かかとの傾きは立位時にふくらはぎの中心線とアキレス腱の中心線がほぼ一直線にあれば理想的ですが、下の写真のようにかかとが内側へ傾いた状態(回内足)ではランニング着地時の衝撃を吸収する作用に乏しく、足全体にかかる負担が大きいので障害の原因になります。 回内足画像 この回内足の原因は構造的見かけ上の変位、偏平足、骨盤のズレ、股関節の回旋など様々考えられます。治療の際はいろいろな角度からの検査が必要になります。 『アキレス腱炎』になってしまったら安静にして炎症が引くのを待つことが大事です。(練習を休むのも治療の内です)そして、原因の要素の一つである足底やふくらはぎの筋緊張を取り除き、回内足の傾きを理想的なアライメントに近づける治療をするのが完治への近道になるのです!

 

ここからは個人的な話し 明日、7月14日は近所のバイク屋さんたちが主催する原付2時間耐久レース FUN DA DONUTS CUPに近所のおじさん達とスーパーカブで出場予定。 完走目指してがんばりまーす!!

© Copyright LIFE はり・きゅう院. All rights reserved.

TOP